しずまえの話

静岡市の前浜(駿河区石部~清水区蒲原)のことを、『しずまえ』と呼びます。そして、由比漁港・清水港・用宗漁港の3つの港で水揚げされる魚介類を「しずまえ鮮魚」といい、ここでは『しらす』や『桜えび』をはじめ、静岡市が誇るおいしい「しずまえ鮮魚」が多く獲れます。

清水エリアでは『マグロ』『マダイ』『ノドグロ』『カワハギ』が、由比・蒲原エリアでは『桜えび』『タチウオ』『サバ』『カマス』が、用宗エリアでは『しらす』『ヒラメ』『ホウボウ』『イセエビ』が獲れます。

用宗漁港は、特に「しらす」が自慢で、用宗のしらすは新鮮さも旨みも格別なのです。用宗港なぎさ市では、この自慢のしらすを味わうことができます。なぎさ市で、生しらすや釜揚げシラス、しらすピザを是非ご賞味ください。

しずまえ資料館

電話をかける